アゴ乗せ日記

適当なポジティブ日記

スポンサーリンク

赤ちゃんがミルク派で良かった話

こんにちはこんばんは。

我が家ではほとんどミルクしか飲まなかったと言っていいほどミルク大好きベイベーが生まれてきました。

ミルク大好きベイベー

まぁ現代において、母乳派でもミルク派でもどちらでも元気な子が育つということは言うまでもないと思います。

実際うちの娘はかなりワイルドで、この前ハイハイできたと思ったらすぐに捕まり立ちをはじめ、食後に「おいちー」などの発声も聞かせてくれるようになりました。ますますこれからの成長が楽しみです。

母乳とミルクの比較

※この表についてはあくまでアゴWeb調べによる一般的な内容のものです

母乳 ミルク
メリット ・赤ちゃんの免疫力がUPする
・ママの体重が落ちやすい
・子宮の回復がスムーズ
・家計にやさしい
・外出時の荷物が少なくて済む
・哺乳瓶の洗浄、消毒をする手間がかからない
など
・赤ちゃんの飲んだ量がはっきりと分かる
・ママ以外でも授乳できる
・ママが薬を飲める
・ママの食事内容の制限がない
・赤ちゃんの腹持ちがいいのでよく眠ってくれる
など
デメリット ・ママが薬やお酒が飲めない
・食事内容に気をつかう
・乳房のトラブルが起こることがある
・赤ちゃんを預ける事が難しい
・外出先での授乳に気をつかう
など
・母乳と比べると赤ちゃんの免疫力が不足する可能性がある
・コストが高くつく
・ママの子宮の回復がスムーズに行われない
・調乳をしたり、哺乳瓶や乳首の洗浄、消毒に手間がかかる
など

なるほどーって感じ。

ミルク派で困ったこと

特に感じてはいませんでしたが、 上記のように表で見るとやはりお金がかかるのはあります。

我が家では「はぐくみ 大缶 810g×2缶パック」を月1、2回購入しています。 4,000円くらいするので2回購入が必要な月は出費が痛手です。

意外と大丈夫だったもの

表のデメリットに書いてある免疫面については今のところ大丈夫そうです。 現在6ヶ月で年始あたりに少し咳き込むことがありましたが、病院の先生には「他の子に比べると全然免疫あるわ」的な話もされたので全く問題視していない。

哺乳瓶の消毒については過去記事でも書きましたね!楽勝!最高!DJ Koo!

www.agonose-nikki.com

持ち運びについては、マザーズリュックに必要なもの全部入るのでこれも別に問題ないかな。

ミルク派で良かったこと

アゴの出番が増える

ドヤ顔

パパが手伝ってあげられることが1番だと思います。

嫁が1日外出して、自分がワンオペするっていう経験もできました。(育児は一人じゃキツい!!爆

実家に預けることができるのも助かりポイント。

また、飲む量も数値化されているため、子供の成長を実感できて良いですね。

まぁ結局

愛が

すべてさ‼

スポンサーリンク